生産品質

  • 生産品質

ダイカストは品質の根本

製品の艶さは亜鉛合金の品質で決まり

当社が国際基準に沿った亜鉛合金3を採用し、望ましい物理的特性と機械的特性があって、様々なギフトと部品に製作するのが最適です。
上質な亜鉛合金の安定性が高くて、加工により艶さも高まる。

製品の優劣は金型に影響され

理想的な製品を完全実現するため、自分の金型設計チームを育ち、特に3D立体彫刻で豊富な経験を累計しました。
当社の製品には自信があります。

熟達のダイカスト技術

ダイカストは流体力学と熱力学に関わる複雑な技術です。
我々は亜鉛合金ダイカスト業界長年にわたって、技術も精進し続けています。
また、ダイカスト製品の外観や機械的特性が注入材料の温度差に影響されないように、一部の製品が冷却水路を採用しています。

繊細な研磨技術

こだわった研磨技術で逸品になり

ダイカスト製品は時にスクラッチの発生があり、様々な方法で丁寧に排除します。
場合によってエアサンダーや旋盤切削を使用することもあって、製品を完璧させて、逸品になります。

半自動化でより安定した品質

製品の安定性を求めるため、半自動化機械で研磨します。
また、半自動化も品質の一致性、安定性や歩留まりを向上させます。

製品のコートはメッキである

商品を傷つかないようにラック系メッキ

メッキ液に浸漬する方法が多いですが、最も慎重なのはラック系です。
製品が一定な距離で別々に引っ掛けて、均一にメッキできますし、製品のぶつかることも避けられます。

製品の色さはメッキ液で決まる

様々なメッキ液がありますが、当社が採用したのは高純度メッキ液で、成分によって、色さも大違いです。
環境に配慮したメッキ液を使用して、高い密着性で落ちにくくて、人体にも影響を与えにくいです。

安定的な工芸技術を求める

自動化色入れ、製品をより上質に

色入れは繊細な作業で、高速生産とより安定した品質を作るため、自動スポットカラー技術を導入して、自動化色入の同時に色入の剤量固定され、より繊細な色入れ工芸ができます。

お客のために、厳しい品質管理

製品はお客様のイメージを表していることを十分理解していて、あなたが品質へのこだわり、弊社も同じです。
入力から出力まで、それぞれの加工過程を厳密にチェックして、特にメッキと包装の部分が専任の監理があります。

© 2016 Copyright - 仲人國際有限公司
- made by bouncin